便利じゃなければプログラムじゃ無い!
仕事が楽になって業務効率がUPするシステムを提供!

VBAでWMIを使ってOSの情報(OS、バージョン、ビット)を取得する

2017/11/27 (月) • Access, Excel, VBAコメントは受け付けていません。Read More »

img_20171127

今回のエントリーはOSの情報を取得するVBAをアップします。
WMIを使うとシステムに関する様々な情報を取得する事が可能ですが、今回はWin32_OperatingSystemからOSの情報、OSの種類 / OSのバージョン / OSのアーキテクチャ(OSのビット)を取得してみましょう。



VBAサンプルコード

'OSの情報を取得
Public Sub sample1()
    Dim colItems As Object
    Dim item As Object
     
    Set colItems = CreateObject("WbemScripting.SWbemLocator").ConnectServer.ExecQuery("Select * From Win32_OperatingSystem")
    
    For Each item In colItems
        MsgBox "OS: " & item.Caption & vbCrLf & _
                "Ver: " & item.Version & vbCrLf & _
                "Bit: " & item.OSArchitecture
    Next
End Sub
■VBAコードの補足
  1. OSの情報を取得:6行目
    WMIに接続してSQLを発行してWin32_OperatingSystemの情報を取得します。
  2. 今回取得したOSの情報のクラスについて
    OSの種類:Caption
    OSのバージョン:Version
    OSのビット数:OSArchitecture

    ※Win32_OperatingSystemの詳しい説明はMSDNを参照。

  3. 実行結果は以下の通りです
    sample171127

タグ
, ,

Comments are closed.